昭和6年の洪水

災害年月日
1931年10月13日
市町村
高知県黒潮町(佐賀町)
災害種類
風水害  
概要
昭和6年(1931)10月13日早朝から豪雨に見舞われ、正午前には伊与木川が氾濫して、不破原から下流の田は全部水没し、住家の浸水は500戸を超えた。死傷者や家屋の流失はなかったが、大正9年の洪水に次ぐ大洪水であった。水稲はほとんど刈り取りが済んでいたので、水稲の被害は少なかったが、護岸、堤防、井堰、水路、農道などの農業土木施設の損害が甚だしかった。本町の水害復旧事業は時局匡救事業に採択され、昭和7年から10年にかけて行われた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大塚政重著「佐賀町郷土史」(佐賀町教育委員会、1965年)、53-54頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 洪水 伊与木川 時局匡救事業
NO.
高知2402

よく似た災害

昭和18年の水害

昭和18年(1943)6月14日、雨量は少なかったが、吉野川が増水して樋門から逆流した水が低地部に浸水した。桑園も水稲も中間期のため、被害は少なかった... 続きを読む

昭和20年10月の洪水

昭和20年(1945)10月、洪水があったが、改修工事の完成により被害は少なかった。 続きを読む

昭和20年9月の洪水

昭和20年(1945)9月、洪水があったが、改修工事の完成により被害は少なかった。 続きを読む

昭和23年の干ばつ

昭和23年(1948)7月~8月、干ばつにより、県下の水稲植付け不能面積は約2,480ha、被害数量約33,660余石であった。水稲の植付不能地には甘... 続きを読む

昭和31年の干ばつ

昭和31年(1956)7月11日~8月15日、旱天となったが、被害は少なかった。 続きを読む