昭和5年の大火

災害年月日
1930年12月22日
市町村
高知県黒潮町(佐賀町)
災害種類
火災  
概要
昭和5年(1930)12月22日正午頃、浜町から出火し、北西の強風にあおられて夕方までに52戸を全焼した。村では罹災者を佐賀小学校に収容し、炊き出しを行って救助した。また、村では浜町の復興に際し、区画整理を行った。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大塚政重著「佐賀町郷土史」(佐賀町教育委員会、1965年)、54-55頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 浜町 区画整理
NO.
高知2403

よく似た災害

安政4年の洪水

安政4年(1857)、洪水が起こった。三島神社にお救い小屋をつくり、お粥の炊き出しを行った。 続きを読む

享保12年の大火

享保12年(1727)2月1日午の下刻(午後1時)、小高坂越前町から出火し、また翌日にも再び同町から出火し、両度の火災による焼失家屋は3,500戸に及... 続きを読む

享保12年の大火

image

享保12年(1727)2月1日、越前町より出火した火災は高知城を焼き、翌2日にわたってほとんど街並みを焼き尽くした。焼失家屋は4,102軒に及んだ。2... 続きを読む

安政2年の洪水

安政2年(1855)、大暴風洪水により、郡内は凶作となった。困窮者があふれ、三島神社で救援囲米を用いてお救い粥の炊き出しを行い、餓死者が出ないように救... 続きを読む

安政2年の洪水

安政2年(1855)、大暴風洪水により、郡内は凶作となり、困窮者があふれた。三島神社境内にお救い小屋を設け、粥の炊き出しを行い、餓死者が出ないようにし... 続きを読む