明治40年の洪水

災害年月日
1907年09月06日
市町村
高知県四万十町(窪川町)
災害種類
風水害  
概要
明治40年(1907)9月6日、低気圧が九州西岸から山口県に向けて北上した。県下では4日から大雨となり、雨量は田野々(大正町)で444ミリ、梼原町で613ミリ、窪川で455ミリに達した。四万十川流域では明治23年以来の大洪水となり、中村町では浸水家屋500戸、平水より2丈も増水したと伝えられている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
窪川町史編集委員会編「窪川町史」(窪川町、2005年)、394頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
低気圧 大雨 洪水 四万十川
NO.
高知2417

よく似た災害

昭和3年の洪水

昭和3年(1928)8月、高知県西南部を中心とした集中豪雨により、渡川では明治40年以来の大洪水となり、中村町全域が浸水した。写真2枚。 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風が豊後水道を通った。幡多郡では昭和10年以来の大洪水となり、具同の最高水位は29日22時に9.8となり、中村町で... 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風により、雨量は須崎で300ミリ、東津野で716ミリ、梼原で612ミリ、大野見で533ミリとなった。幡多郡では昭和... 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、中級台風により、足摺の風速21.7m、総雨量247ミリの暴風雨となる。幡多郡では昭和10年以来の大洪水となり、中村で... 続きを読む

宝暦12年の風雨・山潮

宝暦12年(1762)8月15日、大風雨、山潮、死者8人。享保6年、7年以来の大洪水。(「中村町史」による) ※月日は新暦 続きを読む