昭和29年の台風12号

災害年月日
1954年09月13日
市町村
高知県四万十町(窪川町)
災害種類
風水害  
概要
昭和29年(1954)9月13日、台風12号が九州を縦断し、県下の1日雨量は四万十川流域で450ミリとなった。このため、床上浸水は県下で1,720戸に達した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
窪川町史編集委員会編「窪川町史」(窪川町、2005年)、396頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 四万十川
NO.
高知2438

よく似た災害

平成2年の台風19号

平成2年(1990)9月19日、台風19号が四国地方をかすめて通過し、紀伊半島に上陸した。このため、15日昼過ぎより降り出した雨は20日夜半まで断続的... 続きを読む

昭和8年8月の台風

昭和8年(1933)8月3日、台風のため、日雨量は横瀬318ミリ、朴野243ミリとなり、吉野川流域では100ミリ程であった。この台風による水害は堤防・... 続きを読む

昭和8年8月の台風

昭和8年(1933)8月3日、台風のため、日雨量は横瀬318ミリ、朴野243ミリとなり、吉野川流域では100ミリ程であった。この台風による水害は堤防・... 続きを読む

昭和8年8月の台風

昭和8年(1933)8月3日、台風のため、日雨量は横瀬318ミリ、朴野243ミリとなり、吉野川流域では100ミリ程であった。この台風による水害は堤防・... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日午前9時30分、第二室戸台風が室戸に上陸した。気圧931mb、瞬間最大風速74.6mの大型台風であった。昭和9年の室戸... 続きを読む