昭和38年の台風9号

災害年月日
1963年08月09日
市町村
高知県四万十町(窪川町)
災害種類
風水害  
概要
昭和38年(1963)8月9日午後1時過ぎ、台風9号は大分県佐伯市付近に上陸した。県下の山岳地帯や窪川町では2日間で1,000ミリを超す記録的豪雨となった。このため、9日18時には四万十川の水位が10mを記録し、その後観測不能となった。窪川では四万十川の氾濫と吉見川の増水で濁流が住家に侵入し、一面水の町となった。被害は家屋の全壊・流失18戸、半壊57戸、床上浸水625戸、床下浸水534戸、非住家43戸のほか、商店街、農業、水産業関係、公共土木関係、公共施設等に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
窪川町史編集委員会編「窪川町史」(窪川町、2005年)、396-400頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 豪雨 四万十川 吉見川
NO.
高知2440

よく似た災害

平成19年の台風4号

平成19年(2007)7月12日から15日にかけて、梅雨前線と台風4号による降雨のため、総雨量は四万十川流域で260~650ミリ、後川流域で440~6... 続きを読む

平成26年の台風11号

平成26年(2014)8月10日未明、台風11号の影響により、四万十町窪川では300棟以上が浸水被害を受けた。本研究では、窪川地区で浸水被害が発生した... 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風が豊後水道を北上し、幡多郡及び窪川町以西で大洪水となった。四万十川流域を中心に、死者・行方不明者18人、床上浸水... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月13日、台風12号が九州を縦断し、県下の1日雨量は四万十川流域で450ミリとなった。このため、床上浸水は県下で1,720戸に... 続きを読む

平成17年の台風14号

平成17年(2005)9月、台風14号による降雨のため、四万十川では昭和38年(1963)年以来約40年ぶりの大出水となった。このため、四万十川下流域... 続きを読む