明治19年の洪水

災害年月日
1886年08月20日
市町村
高知県黒潮町(大方町)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)8月20日午後7時頃から暴風雨となり、翌21日にはますますその度を加え、22日に最も甚だしくなり、被害も多かった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大方町史編集委員会編「大方町史」(大方町教育委員会、1963年)、155頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水
NO.
高知2456

よく似た災害

明治19年の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から暴風雨となり、翌21日ますますその度を加え、22日に最も甚だしく、幡多郡では大洪水による被害が多かった。... 続きを読む

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日午後6時、大暴風雨により、家屋数戸、仮校舎一棟が倒壊し、その上火災も加わった。また、農作物の被害も甚だしかった。 続きを読む

昭和20年の洪水

昭和20年(1945)9月、大風水害、10月大雨大洪水、被害最も甚だし。 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)7月、大暴風雨が襲来し、新川の落合北堤付近では水深3.9mとなり、勘定と中川で堤防が決壊し、耕地の欠損4ha、人家の流出1戸、浸... 続きを読む

明治9年の山崩れ

明治9年(1876)10月31日夜甚だしい雷雨により、中筋川、後川筋で山崩れ多く、没家、圧死者多し。耕地被害も甚大。(「中村町資料」による) 続きを読む