大正3年の桜島噴火

災害年月日
1914年01月17日
市町村
高知県四万十町(十和村)
災害種類
火山災害  
概要
大正3年(1914)1月17日、桜島の噴火による地震と降灰。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
十和村史編纂委員会編「十和村史」(十和村、1984年)、789頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
桜島噴火 降灰
NO.
高知2482

よく似た災害

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月12日、桜島噴火による地震と降灰、火山灰のため須崎でも木の葉が白くなった。 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月13日、桜島の噴火により降灰。 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月12日、桜島噴火により地震と降灰。戸波村誌には「夕方間断ない大音、戸障子鳴る。火山灰のため当地でも木の葉が白くなった」と記され... 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月12日、鹿児島の桜島大噴火により、13日、火山灰。 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月12日、桜島噴火により、大音響が梼原に届く。翌日より降灰。一時戦火のデマ。 続きを読む