宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県中土佐町
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、大地震により、特に久礼の被害はすさまじかった。津波は南は大坂谷まで、西は常賢寺まで、北は焼坂のふもとまで襲い、町中の3分の2が海中に没したと伝えられている。家屋も大半が流失し、死者も200人前後に達した。久礼八幡宮も地震による被害をまともに受け、柱一本残さず、すべて流失した。上ノ加江も津波に襲われて、佐竹氏の菩提寺の禅源寺や広野神社が流失し、相当の被害を受けた。矢井賀にも津波が到達したが、特に目立った被害はなかったようである。「亥の大変」と呼ばれる。
地理院地図
Googleマップ
備考
久礼八幡宮は津波によりすべて流失した。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中土佐町史編さん委員会編「中土佐町の歴史」(中土佐町、1986年)、72-73頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 久礼 死者 亥の大変
NO.
高知164

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、東海南海道沖大地震により、五畿七道に大被害。津波により甲浦港の漁船が舟越に打ち上がり、港の御殿橋が流失した。白浜はほと... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震、津波。津波は九州南東岸より伊豆までの間に大被害を与えた。宍喰浦では地震で家屋や倉庫が大被害を受け、さらに大津波... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、地震後の津波により、佐賀妙光寺では客殿・庫裡が流失、願成寺、安養寺、明専寺では過去帳その他が流失した。また、坂本・門脇... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が発生した。「宍喰浦旧記」には、巳下刻(午前10時30分頃)、大地震が発生し、人々があわてて愛宕山逃げ上ったところ... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午後0時30分頃、紀伊半島沖を震源とするM8.4の地震が起き、大津波が伊豆半島から九州に至る太平洋沿岸及び大阪湾、瀬戸内... 続きを読む