昭和10年の洪水

災害年月日
1935年08月27日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
昭和10年(1935)8月27日、台風による風雨が激しくなり、渡川と後川の水位は刻々上昇した。最高水位は渡川具同で12.07m、後川大用寺で10.31mに達した。中村町の洪水の中で最大であり、浸水というよりも沈没という言葉が当てはまる有様であった。中村町では、浸水360ha、罹災世帯1,650世帯、負傷者60人、住家流失22戸、全壊75戸、半壊209戸、床上浸水1,500戸、階上浸水500戸などの大被害を出した。しかし、死者を出さなかったことは洪水に対する訓練の賜である。
地理院地図
Googleマップ
備考
太平寺の石段には昭和10年洪水の最高水位標が建てられている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中村市史編纂委員会編「中村市史」(中村市、1969年)、911-916頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 渡川 後川
NO.
高知2508

よく似た災害

昭和2年の大雨

昭和2年(1927)4月、発達した低気圧が南岸沖を通過したことに伴う大雨のため、具同の水位は推定9m35cmとなった。被害は浸水86戸、麦桑等2.6万... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月11日、豪雨のため、四万十川、後川の水量が増加し、中村の町は瞬く間に浸水した。水量はますます増加して、日没時には明治19年の... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月14日午後10時より暴風雨となり、翌15日にはますます猛烈となり、午後11時全町に浸水した。家屋の流失全壊24戸、破損約1,... 続きを読む

昭和2年の大雨

昭和2年(1927)4月1日より、発達した低気圧が南岸沖を通過したため降雨となり、3日には降雨が甚だしく12時に大洪水となり、4日1時30分に最高とな... 続きを読む

昭和10年の台風

昭和10年(1935)8月28日15時、台風が土佐清水付近に上陸した。前日より2日間の雨量は宿毛で381ミリ、中村で240ミリ、田野々で659ミリで、... 続きを読む