安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
高知県中土佐町
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日午前9時頃、大地震があったが、上ノ加江では川筋にあぶき汐が差し入る程度であった。翌5日夕方5時頃、大地震が起こり、家が揺り動き、道行く人も転ぶほどであった。しばらくして大津波が襲来し、12回の汐のうち、3番汐、4番汐と次第に引き汐が強く、浦分の民家は全部流失した。また、矢井賀でも大地震により各所で山崩れが起こるとともに、津波で村中が洗われ、松尾神社の上に小船が3艘流れ着いた。なお、上ノ加江浦組頭の利岡清左衛門の詳細な地震記録が掲載されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上ノ加江町史編纂委員会編「上ノ加江町史」(上ノ加江町、1956年)、131-141頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 上ノ加江 矢井賀 利岡清左衛門の地震記録
NO.
高知167

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月、南海大地震。寅の大変と呼ばれるもので、上ノ加江町史によると、4日9時頃の地震では川筋に潮が差し入る程度であったが、翌5日夕... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時頃)、地震が起こったが、小さいものであった。翌5日7ツの中刻(午後4時)、大地震が起こり、津波が襲来した。... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時頃)、地震が起こったが、小さいものであった。翌5日7ツの中刻(午後4時)、大地震が起こり、津波が襲来した。... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日午前11時大地震が起こり、津波が7、8度押しよせたが人家までは来なかった。翌5日午後5時頃、未曾有の大地震が発生し、山崩... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日、5日に地震が発生し、その後翌年1月まで余震が続いた。野根浦大庄屋安岡家に伝わる「嘉永七年十一月四日寅大変日記覚」には、... 続きを読む