天武天皇13年の地震

災害年月日
0684年11月26日
市町村
高知県須崎市
災害種類
地震・津波  
概要
白鳳13年(684)10月14日、南海道沖大震(M8.4)。日本書紀によると、「山崩、河濡、諸国郡官舎、及び百姓倉屋、寺塔、神社、破壊之数、不可勝数」とあり。また、「土佐国田苑五十余万頃没為海」、すなわち黒田郡と称して足摺から室戸に至る土佐海岸の陸地が陥没したという伝説は土佐人の常識になっている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史」(須崎市、1974年)、983頁及び1000-1002頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
白鳳地震 日本書紀
NO.
高知169

よく似た災害

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、南海道沖の大地震により、東海道、四国、九州一帯は大被害を受けた。余に白鳳の大地震という。日本書紀によると、「人民... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震が発生した。「続日本記」には「土佐国の田苑50余万項没して海となる」と記されており、伝説では室戸岬から足摺岬の... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、土佐を中心とした大地震で、田地50余万代(1,147町歩)が海中に没したと言われている、幡多郡の陸続きの黒田郡が海底... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、地震が発生した。日本書紀によると、「人定に至りて、大きに地震る。国こぞりて男女叫び唱いてまどいぬ。則ち山崩れ河湧... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震が起こった。日本書紀によると、「人定まるに及んで大地震あり、挙国の男女わめき叫びて東西を知らず。山崩れ河湧き、... 続きを読む