康和2年の地震

災害年月日
1100年02月00日
市町村
高知県須崎市
災害種類
地震・津波  
概要
康和2年(1100)1月、土佐国で地震が発生。(「勘仲記紙背文書」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史」(須崎市、1974年)、983頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 勘仲記紙背文書
NO.
高知170

よく似た災害

康和2年の地震

康和2年(1100)、地震が起こり、土佐国潮江庄(現在の高知市潮江)が海底に成り、高岡郡吾井郷津野村が鴨御祖社領となった。(「広橋本兼仲卿記紙背文書」... 続きを読む

康和元年の地震

康和元年(1099)、地震が起こり、土佐国潮江庄(現在の高知市潮江)が海底に成り、高岡郡吾井郷津野村が鴨御祖社領となった。(「広橋本兼仲卿記紙背文書」... 続きを読む

康和元年の地震

康和元年(1099)1月24日、奈良、大阪、京都で強い地震を感じ、興福寺、天王寺に小破損あり。土佐でも地震、潮江庄千余町海となる。/史料掲載:「兼仲卿... 続きを読む

康和2年の地震

康和2年(1100)1月1日、土佐に大地震(M8.0)あり。「国内作田千余皆以成海底」と勘解由小路兼仲卿日記・紙背文書にある。(「高知県史」による) 続きを読む

康和元年の地震

康和元年(1099)1月24日6時頃、M8.0の地震が発生した。土佐から京都に出した手紙(兼仲卿紙背文)の中に「土佐国潮江庄康和二年正月□□四日地震之... 続きを読む