昭和2年の洪水

災害年月日
1927年04月01日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
昭和2年(1927)4月1日、低気圧により降雨、3日特に甚だしく、12時大洪水となり、4日午前1時30分最高となる。浸水住家86戸。麦・桑の被害は概算26,000円。後川は平水より1丈7尺8寸(5.40m)増水。(「中村町風水害史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中村市史編纂委員会編「中村市史 続編」(中村市、1984年)、261頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 後川 中村町風水害史
NO.
高知2611

よく似た災害

昭和40年の台風23号

昭和40年(1965)9月10日の台風23号、続いて集中豪雨、そして9月17日の台風24号により、鷲敷町では農業用水路や農地が被害を受け、激甚災害法の... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風により、愛媛県は全般に暴風雨となった。16日~17日の総降水量は島嶼部で100ミリ、東予の平坦部で250ミリ... 続きを読む

明治33年8月24日の水害

明治33年(1900)8月24日~25日の水害により、床上浸水住家50戸、浸水耕地519町、浸水宅地66町の被害が出た。 続きを読む

昭和10年の台風

昭和10年(1935)8月28日15時、台風が土佐清水付近に上陸した。27日~28日の降雨量は宿毛381ミリ、三原487ミリ、中村240ミリ、大用62... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月14日午後10時より暴風雨となり、翌15日にはますます猛烈となり、午後11時全町に浸水した。家屋の流失全壊24戸、破損約1,... 続きを読む