昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県須崎市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、大地震が発生し、浜町や横町では家の倒壊により11名の圧死者を出した。全壊家屋は130余戸、津波による流失家屋は40余戸に達した。(南海大地震災害誌」による)津波は地震後約10分程で襲来した。浸入した津波の高さは須崎湾の入口よりも内湾で高くなった。駅前や原町地蔵堂付近では逃げ遅れた避難民が、秒速2.5mに及ぶ潮流に抗したが、水深2m余りの中、40余名の犠牲者が出た。
地理院地図
Googleマップ
備考
原町の地蔵堂境内には南海地震碑が建立されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史」(須崎市、1974年)、993頁及び1023-1044頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 死者 堀川
NO.
高知179

よく似た災害

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、地震が起こり、津波が襲来した。この本には、高知県内の昭和南海地震・津波に関する石碑等として、土佐清水市の唐船島、須... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が起き、津波が襲来した。この論文では、昭和南海地震に関する碑等として、野見震災復旧記念碑、河原恵比須神社境... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が起き、津波が襲来した。この論文では、昭和南海地震に関する碑等として、野見震災復旧記念碑、河原恵比須神社境... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海地震が起こった。この地震で地盤変動が起こり、高知から須崎まで沈下量は1.2mに及んだ。地震後約10分... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海地震が起こった。この地震で地盤変動が起こり、高知から須崎まで沈下量は1.2mに及んだ。地震後約10分... 続きを読む