昭和21年の火災

災害年月日
1946年04月26日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
火災  
概要
昭和21年(1946)4月26日午後11頃、紺屋町西側から出火し、20戸を全焼し、午前1時に鎮火した。原因はかまどの火の不始末で、損害は200万円。(中村市消防署資料による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中村市史編纂委員会編「中村市史 続編」(中村市、1984年)、290頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 紺屋町
NO.
高知2705

よく似た災害

昭和22年2月27の山火事

昭和22年(1947)2月27日午前8時30分頃、安並、石見山中腹から出火し、一里の円を描いて蕨岡村、田ノ口村御坊、馬荷に延焼し、28日8時頃鎮火した... 続きを読む

昭和25年2月の大火

昭和25年(1950)2月19日(旧正月3日)、奈半利町東浜で大火、111戸焼失。原因は残り火の不始末であった。(高知新聞による) 続きを読む

平成16年のJR大杉駅の火災

平成16年(2004)1月2日午後10時頃、中村大王のJR土讃線大杉駅から出火し、木造の駅舎約120㎡が全焼した。駅舎には火の気はなかった。たばこの火... 続きを読む

昭和45年の山火事

昭和45年(1970)3月8日、土成町高尾の山林内より出火し、約12時間にわたって引野宮ヵ谷、鶯谷などの山林約100haを延焼した。原因は中学生の火の... 続きを読む

昭和57年2月の山火事

昭和57年(1982)2月14日午後2時15分頃、泉谷浦田の山裾より出火し、松・雑木林など3haを焼失し、午後7時頃鎮火した。焚き火の不始末が原因であ... 続きを読む