昭和30年の火災

災害年月日
1955年01月26日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
火災  
概要
昭和30年(1955)1月26日午後6時、紺屋町から出火し、工務店ほか5棟全焼して、午後8時10分鎮火した。損害は家、材木で1,500万円。(中村市消防署資料による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中村市史編纂委員会編「中村市史 続編」(中村市、1984年)、290頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 紺屋町
NO.
高知2713

よく似た災害

昭和29年7月の火災

昭和29年(1954)7月13日午後11時10分頃、於東町から出火し、新町、南京町、一条通へも延焼し、36戸全焼、3戸半焼し、午前2時に鎮火した。損害... 続きを読む

昭和21年の火災

昭和21年(1946)4月26日午後11頃、紺屋町西側から出火し、20戸を全焼し、午前1時に鎮火した。原因はかまどの火の不始末で、損害は200万円。(... 続きを読む

昭和55年の火災

昭和55年(1980)3月27日午後11時40分頃、水戸の製材所から出火し、隣接工場へも延焼して5軒を全焼し、午前1時20分に鎮火した。損害は1億円。... 続きを読む

昭和27年の火災

昭和27年(1952)4月1日午前1時頃、南京町北川から出火、住家15戸、非住家4棟が全焼し、午前3時10分鎮火した。損害3,000万円以上。(中村市... 続きを読む

昭和29年12月の火災

昭和29年(1954)12月27日午前0時40分頃、本町の診療所から出火し、隣接5戸、工場1棟を焼き、午前1時40分頃鎮火した。損害は2,000万円。... 続きを読む