天武天皇13年の地震

災害年月日
0684年11月26日
市町村
高知県四万十町(窪川町)
災害種類
地震・津波  
概要
天武13年(684)10月14日、地震が発生した。日本書紀には「土佐国の田苑五十余万頃、没して海となる。」と記されており、このことは「五社鎮座傳記」(甲把瑞益著)にも引用されている。この地震により黒田郷の沈没などが伝承されているが、志和の諏訪神社は白鳳の地震で水没した黒田郷内の12社を合祭したものと言われている。大地震で海中に没した黒田礁神社御神体が数日後に志和海岸に漂着したため、これを祭るために他の神社も併せて合祭したものであるという。
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では10月4日になっているが、10月14日に修正した。
志和の諏訪神社は白鳳地震で水没した黒田郷内の12社を合祭したものと言われている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
窪川町史編集委員会編「窪川町史」(窪川町、2005年)、403-405頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
白鳳地震 日本書紀 五社鎮座傳記 黒田郷 諏訪神社
NO.
高知186

よく似た災害

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震があり、土佐国田苑50万頃が陥没し、さらに11月3日の余震で大津波があった。この地震で黒田郷が消え去ったと伝え... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)、地震。白鳳の大地震と言われ、土佐沖にあった黒田郷八幡畦が陥没したと伝えられている。 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、土佐を中心とした大地震で、田地50余万代(1,147町歩)が海中に没したと言われている、幡多郡の陸続きの黒田郡が海底... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、南海道沖の大地震により、東海道、四国、九州一帯は大被害を受けた。余に白鳳の大地震という。日本書紀によると、「人民... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、M8.4の地震が発生。日本書紀には、「国を挙げて男女叫唱東西を知らず。すなわち山崩れ河湧き、諸国郡官舎及び百姓倉屋、... 続きを読む