安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
高知県四万十町(窪川町)
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日午前9時頃、大地震があったが異変はなく、翌5日夕方に大震動とともに、家は壊れ、山が崩れた。震動が止むと、海岸地帯では津波が押し寄せて、興津の浦分ではほとんどの家屋が津波で流失したという。津波は浦分の山際にある西宝寺近くまで来たという。この地震時に、村外から来ていた7人が津波で犠牲になったので、地元の人々が調整池のほとりに慰霊碑を建立した。この地震を記録した古文書はその後の地震でほとんど流されたという。
地理院地図
Googleマップ
備考
津波は興津の山際にある西宝寺まで来たという。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
窪川町史編集委員会編「窪川町史」(窪川町、2005年)、405頁及び410頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 山崩れ 興津 津波 死者
NO.
高知190

よく似た災害

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日午前8時、地震が起こった。翌5日5時に地震は激しくなり、家屋、土蔵はみな倒れた。この強震は半時間ばかりで微震となったが、... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日午前8時、地震が起こった。翌5日5時に地震は激しくなり、家屋、土蔵はみな倒れた。この強震は半時間ばかりで微震となったが、... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝、強い地震があり、さらに夕方、山鳴りとともに大地震が起きて、大きな山崩れが起こった。5日も大地震があり、余震が7日間続... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月、地震が起こり、この島でも4日間震動が続き、竹藪などに避難したという。 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)、伊豆、相模を震源とする大地震により7日7夜、大津波があり、立江と櫛渕の境まで津波で魚が打ち上げられ、拾う人が多かったという。 続きを読む