昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県黒潮町(大方町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海大地震が起こった。大方町と白田川村の被害は、死者30人、負傷者12人、家屋の倒壊261戸、半壊397戸、流失3戸、田畑被害20町、船舶流失5隻であった。宝永地震や安政地震と比べると、大津波が襲来しなかったため、被害は少なかったが、それでも津波で家屋は3戸流失し、漁具や漁網を保管してあった倉庫はほとんど流失した。
地理院地図
Googleマップ
備考
入野の加茂八幡宮には「南海大地震の碑」が建立されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大方町史改訂編纂委員会編「大方町史」(大方町、1994年)、382-384頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 死者 津波
NO.
高知195

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、地震が発生した。高知県の被害は流失家屋566戸、全壊家屋4,824戸、半壊家屋9,312戸、焼失家屋19... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、地震が発生した。高知県の被害は流失家屋566戸、全壊家屋4,824戸、半壊家屋9,312戸、焼失家屋19... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、大地震が起こった。海岸地帯では津波の襲来を予期して、人々は城山や海運寺山に避難した。高さ3、4mの津... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、地震が起こり、津波が襲来した。この津波では中新田から片島の鷲州橋間の道路コンクリート舗装が浮き上がった程度で、総曲... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生した。被害は西日本の太平洋側沿岸一帯に及び、高知県では家屋の流失566軒、全壊4,824軒、半壊9,... 続きを読む