明治19年9月の洪水

災害年月日
1886年09月10日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)9月6日午後より降雨が始まり、10日午前になって風雨が猛烈となり、各戸は家財諸道具を高い所に移し、水揚がりの用意に忙殺された。この風雨により、中村町は市郷とも潰家や半潰が夥しく、中村町役場、旧中学校舎、裁判所人民控所も倒壊し、その他屋根を吹きはがされる家屋が多数出た。不破八幡宮では松の名木が大部分倒れた。この年は大小4回の出水・暴風により諸作物は皆無同様となった。住家倒壊91戸、流失4戸、大破22戸、建築物の倒壊33軒、大破7軒。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
中村町編「中村町風水害史」(中村町、1938年)、10-11頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 中村町役場 不破八幡宮
NO.
高知2862

よく似た災害

明治19年9月の洪水

明治19年(1886)9月6日午後より断続的に降雨があったが、10日午前になって風雨が猛烈となり、各戸は家財道具を高いところに移し、荷揚げに忙殺した。... 続きを読む

明治19年9月の風水害

明治19年(1886)9月9日、東北の風が吹き、雨が大いに降って出水3、4尺に及び、10日午前に風勢ますます激しさを加えて、瓦を飛ばし、壁を破り、樹木... 続きを読む

明治19年9月10日の台風

明治19年(1886)9月10日夜、台風が豊後水道を北上し、11日6時に隠岐の北に出た。この台風により、瓦が木の葉のように飛び、市中で数十軒が破損、不... 続きを読む

明治19年8月の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から東北風の暴風雨となり、21日にはますます猛烈となり、正午頃から水量増加、午後2時頃家屋浸水、家具、木材、... 続きを読む

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日午後3時頃より降雨、4時頃南風が起こり、5時頃北風となって暴風雨に変じ、6時頃西風になり、7時頃止んだ。この暴風雨は強... 続きを読む