明治36年の豪雨

災害年月日
1903年07月09日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治36年(1903)7月7日午前3時頃より降雨、翌8日に豪雨となり、9日午前5時に止む。浸水家屋50戸、平水より2丈1尺。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
中村町編「中村町風水害史」(中村町、1938年)、15頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 洪水
NO.
高知2866

よく似た災害

明治40年の台風

明治40年(1907)9月6日午後12時頃より暴風雨、7日午前4時風止む。風向は東南風であった。雨は2日午前5時より8日午後11時に終わる。当町で浸水... 続きを読む

明治40年の台風

明治40年(1907)9月6日午後2時頃より暴風雨、7日午前4時風止む。浸水家屋約500戸、平水より2丈余増水。町の高地である京町・中ノ丁、市の辻辺り... 続きを読む

明治32年7月の洪水

明治32年(1899)7月4日より7日まで降雨、6日午前1時より東風起こり、次第に暴風雨となり、9日午前4時頃から風勢やや衰え、8時頃東南風に変じ、1... 続きを読む

明治32年7月の台風

明治32年(1899)7月4日より7日まで降雨、6日午前1時より東風となり次第に暴風雨となって、9日午前4時になって風勢やや衰え、8時頃東南風に転じ、... 続きを読む

明治35年の台風

明治35年(1902)9月7日午前8時頃より降雨、加えて東風起こり、10時頃暴風雨となったが、午後1時北東風に転じ風雨止む。これより次第に増水し、翌8... 続きを読む