昭和10年の洪水

災害年月日
1935年08月28日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
昭和10年(1935)8月28日、台風により、渡川は明治23年(1890)以来の大洪水に見舞われた。具同の水位は急速に増水し、28日午前7時の3m70cmが翌29日午前1時には12m07cmに達し、渡川改修計画の高水位を約42cm超えた。洪水は28日正午日の出町に逆流し、不破では県道に迫り、右山沖の町道は水底となった。夕暮時には全戸が床上浸水し、午後9時頃には低所では階上浸水数尺に及んだ。四万十川鉄橋は橋台の頂上を洗い、後川堤防は余すところ3尺となった。百笑、不破、角崎は大海のようになった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
中村町編「中村町風水害史」(中村町、1938年)、17-21頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 四万十川 渡川改修計画
NO.
高知2874

よく似た災害

明治30年の洪水

明治30年(1897)9月26日より連日降雨となり、28日、29日は一層降雨が強くなったが、29日午後11時になって止んだ。吉野川では本支流とも29日... 続きを読む

昭和10年の台風

image

昭和10年(1835)8月28日、台風により渡川は増水を続けた。具同水位は28日午前7時に3.70mであったが、その後1時間に最大1.23m増水するな... 続きを読む

明治44年の洪水

明治44年(1911)9月午前3時頃出水が始まり、午後5時に最高水位に達した。最高水位は水量標がないため明瞭ではない。22日午後2時頃には、東中富の鑓... 続きを読む

昭和29年の洪水

昭和29年(1954)9月13日午後、台風により暴風雨となった。雨量は県境山地で多く、東津野では600ミリを越え、渡川は洪水となった。具同での水位は2... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日、土器川堤塘決壊4箇所57間、排水堤塘決壊4箇所100間。22日午前9時頃より浸水し始め、23日午前1時には土器村の8~... 続きを読む