明治19年の洪水

災害年月日
1886年08月00日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)8月、出水により、築地岩崎堤防が漏水した。「中村町風水害史」には「堤防の抜けたる水、小供の小便の如く飛ぶ。危ふし危ふし」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
金井明著「四万十川赤鉄橋の町」(高知新聞社、1997年)、37頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 四万十川 岩崎堤防 漏水 中村町風水害史
NO.
高知2876

よく似た災害

宝永3年の風雨

宝永3年(1706)6月25日、風雨。御家年代略記には「22日より雨、24、25日風雨甚大にして損毛8万余石」と記されている。南路志には「大雨、塩風夥... 続きを読む

明治18年7月の台風

明治18年(1885)7月1日、台風が紀伊半島より佐渡へ抜けた。中村町資料には「暴風雨出水、堤防破壊し家橋流れ田畑損傷、死傷多」と記されている。 続きを読む

正徳2年の大雨

正徳2年(1712)7月17日、大雨。南路志には「17日~20日、大雨止まず、洪水雷鳴、21日晩方は晴れる」と記されている。太平寺覚書には「7、10月... 続きを読む

文政5年の洪水

文政5年(1822)5月29日夜より大風雨、6月2日大洪水。「上岡利太郎手記」には「文政五年五月五月洪水、遠近家米一石六斗救助米を出す」と記されている... 続きを読む

寛文7年の風雨

寛文7年(1667)、風雨。高知県歴史年表には「西郡風雨損傷」と記されている。大野見村史には「洪水の為萩中河内大明神破損」と記されている。 続きを読む