昭和10年の洪水

災害年月日
1935年08月28日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
昭和10年(1935)8月28日午後3時頃、台風が土佐清水方面に上陸し、四万十川は明治23年(1890)以来の甚大な被害を受けた。筆者は川舟を水門辺りから平元(へいもと)に引き上げる際に、堤防が決壊するのに遭遇した。決壊の時刻と場所は公式には特定されていないが、筆者は決壊時刻は28日午後4時~5時頃で、平元の下流500m付近から約800mにわたって決壊したと推測している。この本には筆者の体験に基づき被害の様子などが記されるとともに、既存資料の記述内容への疑問なども記されている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
小松千秋著「四万十川の今昔とあすへの展望」(文芸社、1999年)、121-138及び181-185頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 四万十川 堤防決壊 平元 体験談
NO.
高知2880

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月3日・4日の地震を前触れとして、5日午後4時頃から大地震が襲来した。「塩屋記録」には地震の様子、死者を含めた被害の状況、被災... 続きを読む

正徳2年の大雨

正徳2年(1712)7月17日、大雨。南路志には「17日~20日、大雨止まず、洪水雷鳴、21日晩方は晴れる」と記されている。太平寺覚書には「7、10月... 続きを読む

元禄15年7月の台風

元禄15年(1702)7月28日、台風、高潮。南路志には「28、29両日大風大雷雨にて民屋、耕作の損傷寛文6年(1666)より大にして被害甚大」と記さ... 続きを読む