万治2年の水害

災害年月日
1659年00月00日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
万治2年(1659)、四万十川の水害のため、岩崎堤防が決壊した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
小松千秋著「四万十川の今昔とあすへの展望」(文芸社、1999年)、177頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
水害 四万十川 岩崎堤防決壊
NO.
高知2882

よく似た災害

万治2年の洪水

万治2年(1659)、四万十川の洪水により、岩崎堤防が決潰、八面宮池となり天満宮にも池を生ず、中村町は流失。(「中村町水害史」による) 続きを読む

万治元年の洪水

万治元年(1658)、大洪水により、中村市街では岩崎堤防が決壊した。 続きを読む

万治2年の洪水

万治2年(1659)9月20日、大風雨、洪水により、掻き寄せ堤のあった岩崎堤防が決壊して、中村町の人家はほとんど流失したという。 続きを読む

万治元年の水害

万治元年(1658)9月16日、四万十川は大水害に見舞われた。(「御家年代略記」による) 続きを読む

寛文6年の水害

寛文6年(1666)、四万十川の水害のため、151人の犠牲者が出た。 続きを読む