明治23年の洪水

災害年月日
1890年00月00日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治23年(1890)、希なる大洪水となり、船が転覆するなどして、多くの人々が犠牲になった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
小松千秋著「四万十川の今昔とあすへの展望」(文芸社、1999年)、179頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 四万十川 船舶転覆 死者
NO.
高知2888

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)の南海地震で、中村市では地震後の火災により、倒壊した家屋等の下敷きになるなどして多くの人が焼死した。 続きを読む

宝暦12年の水害

宝暦12年(1762)、四万十川の水害のため、8人が犠牲になった。 続きを読む

寛政4年の水害

寛政4年(1792)、四万十川の水害のため、11人が犠牲になった。 続きを読む

文化12年の水害

文化12年(1815)、四万十川の水害のため、83人が犠牲になった。 続きを読む

平成16年の台風16号

平成16年(2004)8月30日17時頃、香川県は西部から台風16号の暴風域に入り始めた。30日夜遅くには大潮の満潮時と重なったため、三本松港、高松港... 続きを読む