明治23年の水害

災害年月日
1890年09月00日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治23年(1890)9月、四万十川は大水害に見舞われ、本家の流失45戸、全倒13戸、半倒13戸、大破279戸という記録が残っている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
澤田佳長著「四万十川物語」(岩波書店、1993年)、40頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
水害 四万十川
NO.
高知2892

よく似た災害

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)の地震により、鞆浦で波高10丈(約30m)の津波があったという記録が残っている。 続きを読む

元禄14年の台風

元禄14年(1701)、四国、近畿以東に大暴風雨があり、10日余雨が降り続き、舞中島の全戸流失という記録が残っている。(「三好郡誌」による) 続きを読む

明治25年の台風

明治25年(1892)7月23日午前6時頃、台風が土佐湾から高知市付近に上陸した。雨量は36ミリ、翌24日には122ミリとなり、四万十川も増水したが、... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震により、高知市では堤防が切れたこともあり、市街地が浸水し12日間も冠水したままであったという記録が残っている。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震により、高知市では堤防が切れたこともあり、市街地が浸水し12日間も冠水したままであったという記録が残っている。 続きを読む