昭和24年の台風

災害年月日
1949年00月00日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
昭和24年(1949)、台風により大きな風水害が起きた。700ミリを超す雨に四万十川の水位が上昇し、流域の河川が逆流し氾濫した。支流の中筋川流域でも堤防が決壊した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
澤田佳長著「四万十川物語」(岩波書店、1993年)、45-46頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 風水害 四万十川 中筋川
NO.
高知2895

よく似た災害

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月21日から24日までの4日間に、肱川流域では宇和町で755ミリ、小田町で406ミリと1年分の雨の3分の1が降った。また、この... 続きを読む

明治29年の台風

明治29年(1896)8月30日、紀伊半島から能登半島方面へ北上した台風による大雨で、金倉川流域では205ミリの大雨が降って河川が氾濫した。24時間の... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風5号による集中豪雨のため、天崎・鳴川・北地地区で山崩れが起こり、死者6人が出た。また、波介川が増水したが、流出口... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月23日午前1時半頃、台風6号が蒲生田岬をかすめ、徳島県東岸、淡路島沿いに進み、神戸市南西海岸に上陸した。総雨量は吉野川上流域... 続きを読む

寛文13年の洪水

寛文13年(1673)6月27日、石手川が氾濫して、松山の城下町が洪水に見舞われた。これ以後、天井川化した石手川は度々氾濫して、田畑を押し流した。 続きを読む