明治40年の台風

災害年月日
1907年07月18日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
風水害  
概要
明治40年(1907)7月18日夕方、台風が足摺岬に上陸した後、山口県に抜けた。急速な天気悪化のため、被害が増大した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土佐清水市史編纂委員会編「土佐清水市史 下巻」(土佐清水市、1980年)、702頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
高知2915

よく似た災害

明治40年7月の台風

明治40年(1907)7月18日、台風が足摺岬に上陸し、山口県に抜けた。雨量は越知で241ミリ、上野尻で236ミリ、大田口で204ミリ、大栃で197ミ... 続きを読む

明治35年の台風

明治35年(1902)9月7日、台風が四国南方を北西に進んで宮崎県から山口県に抜けた。高潮被害が大きく、剣山の南斜面で300ミリの雨が降った。那賀川町... 続きを読む

明治40年7月の台風

明治40年(1907)7月18日、台風が足摺岬に上陸し、山口県に抜けた。雨量は越知で241ミリに達し、文徳堤防の決壊したため、西高見、室屋、堂ノ前の田... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日~22日、台風10号が高知県西部に上陸、四国西部を縦断し、日本海に抜けた。長時間暴風雨が続き、河川の増水により被害が増... 続きを読む

明治25年の台風

明治25年(1892)、台風が高知市付近に上陸し、島根県に抜けた。新荘川は大洪水。 続きを読む