弘化3年の暴風

災害年月日
1846年08月30日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
風水害  
概要
弘化3年(1846)7月9日朝から暴風が起こり、終日吹き荒れた。このため、村内の家屋は大半が倒れ、特に下川口浦ではほとんど全部倒壊した。古老によると、城山と横吹坂の分水点には巨松が数十本立ち並んでいたが、根元から倒れたり、折れたりしたという。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
田村非水編「下川口村誌 復刻版」(下川口村誌復刻委員会、1985年)、87-88頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風 下川口浦 巨松
NO.
高知2938

よく似た災害

弘化3年7月の風雨

弘化3年(1846)7月1日より3日間、風雨甚だしく出水。8日また風雨激しく人家多数破損、17日夜、大風雨。この年は数回の洪水があったため、「丙午の洪... 続きを読む

弘化4年の暴風

弘化4年(1847)、大暴風により家屋倒壊。(「田野村誌」等による) 続きを読む

弘化3年の暴風

弘化3年(1846)7月9日、暴風により、家屋や大木の倒壊など被害が大きかった。「丑年の大風」と言われる。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む

弘化4年の暴風

弘化4年(1847)7月14日、大暴風により高屋浜大被害、塩浜台584全壊。 続きを読む

弘化3年の暴風

弘化3年(1846)7月9日、大暴風害があり、延川の福成寺の山門が大破、近永村では家屋が10余軒転倒し、田や山林に多大の損害を与えたと記録されている。... 続きを読む