明治9年の暴風

災害年月日
1876年00月00日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
風水害  
概要
明治9年(1876)、暴風により、家が倒れ、木が倒し、船が吹き飛ばされた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
田村非水編「下川口村誌 復刻版」(下川口村誌復刻委員会、1985年)、88頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風
NO.
高知2939

よく似た災害

安政4年の暴風

安政4年(1857)6月30日夜9ツ時より雨降り、翌朝には雨が上がったが、朝4ツ時過ぎにより風が強まり、瓦が吹き飛ばされるなどした。潰家は大松45軒、... 続きを読む

寛政4年の風雨

寛政4年(1792)7月26日、大風雨により高松城内殿様の御居間の屋根が吹き飛ばされた。 続きを読む

昭和49年の竜巻

昭和49年(1974)4月7日午前11時頃、今久保で竜巻が発生し、民家の屋根が吹き飛ばされ、タバコ乾燥室が倒壊した。 続きを読む

明治13年の台風

明治13年(1880)の台風により、香川郡内では屋根が吹き飛ばされ、倒壊家屋も出た。近くの下多肥村では8軒の家が倒壊した記録が残っているで、一宮辺りで... 続きを読む

昭和49年4月の竜巻

昭和49年(1974)4月7日11時頃、西祖谷山村で竜巻が発生し、民家の屋根やタバコ乾燥室が吹き飛ばされた。 続きを読む