昭和6年の洪水

災害年月日
1931年10月13日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
風水害  
概要
昭和6年(1931)10月13日、洪水により宗呂橋、松の尾橋等が流失し、この橋が下川口橋にかかると間もなく下川口橋も南半分を残して流失した。この被害について、下川口村長は県知事に対して以下のように打電した。「13ヒサイガイジンダイ チョウサチユ ソンガイミツモリ60マンエン」
地理院地図
Googleマップ
参考文献
田村非水編「下川口村誌 復刻版」(下川口村誌復刻委員会、1985年)、383頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 宗呂橋 松の尾橋 下川口橋
NO.
高知2944

よく似た災害

明治23年の水害

明治23年(1890)9月11日の大雨で、仁淀村森の奥合(おくごう)神社の拝殿や民家が流失した。奥合神社の棟札には以下のように記録されている。「明治2... 続きを読む

大正2年の洪水

大正2年(1913)、前代未聞の大洪水により、田畑の流失135町歩、家屋の流失・埋没27戸。 「一本松小学校沿革史」には以下のように記されている。「大... 続きを読む

延宝7年の火災

延宝7年(1679)、火災により、下川口浦中残らず焼失。(「下川口村誌」による) 続きを読む

昭和8年の台風

昭和8年(1933)9月、暴風雨。奈半利川は川口が東方に向いていたが、奈半利川橋から現在のようにまっすぐに流れ出した。 続きを読む

明治43年の洪水

明治43年(1910)9月20日より22日夕方まで大雨、大洪水。山城谷村では数箇所崩壊し、川口では一家5人が埋没して死亡し、2戸が流失した。また、相川... 続きを読む