天武天皇13年の地震

災害年月日
0684年00月00日
市町村
高知県四万十市(西土佐村)
災害種類
地震・津波  
概要
白鳳13年(684)、大地震が起こった。この地震で土佐の国で田畑50余万頃が陥没して海と化した。
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では「白鳳12年12月14日(685)となっているが「白鳳13年(684)」に修正した。また、原資料の「54万頃」は「50余万頃」に修正した。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
西土佐村史編纂委員会編「西土佐村史」(西土佐村、1970年)、716頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
白鳳地震
NO.
高知210

よく似た災害

天武天皇13年の地震

image

天武天皇13年(684)10月14日、地震が起こった。土佐では田地50万頃が陥没して海になったと言われている。現在の久礼湾もこの時の陥没によってできた... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、地震が起こった。土佐では田地50万頃が陥没して海になったと言われている。現在の久礼湾もこの時の陥没によってできた... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日亥の刻(午後10時頃)、大いに震う、国を挙げて男女叫びまどいぬ、山崩れ河湧き、土佐の国の田苑五十余万頃、うもれて海とな... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震が発生した。「続日本記」には「土佐国の田苑50余万項没して海となる」と記されており、伝説では室戸岬から足摺岬の... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武13年(684)10月14日、地震、津波来襲。土佐の船、多数沈没。土佐で田苑50余万頃(約10㎡)沈下して海となる。(「日本の地震活動」による) 続きを読む