安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
高知県四万十市(西土佐村)
災害種類
地震・津波  火災  
概要
安政元年(1854)11月5日午後5時頃、大地震が起こった。高知市の被害は死者370余人、人家の倒壊・焼失22,000余戸であり、中村町でも家屋の全壊156戸、半壊70戸、焼失90戸、死者30人の被害となった。下山郷でも家屋被害のほか、石垣等も崩れた。古老の言い伝えによると、強震のために逃げるに歩けず、やや震動が収まるのをみて竹やぶに逃げ込み、夜の明けるのを待ったという。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
西土佐村史編纂委員会編「西土佐村史」(西土佐村、1970年)、717-718頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 火災 死者 下山郷
NO.
高知212

よく似た災害

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日午後5時頃、地震が発生した。人々はあわてふためいて山辺の藪地に避難するが、強震のため歩行も困難だったという。人家は全く崩... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日、大地震が起こり、津波が押し寄せてきた。この時には、宝永地震の教訓を生かして避難したので、宝永地震の時ほど溺死者は出なか... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日、大地震が起こり、津波が押し寄せてきた。この時には、宝永地震の教訓を生かして避難したので、宝永地震の時ほど溺死者は出なか... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海大地震が発生した。高知県全域の震度は宝永地震と同じ震度6の烈震と推定されている。被害の総計は流家3,818軒、全壊... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日16時35分頃、地震が発生した。高知県の被害は流家3,818軒、全壊4,815軒、破損家10,289軒、焼失家屋3,30... 続きを読む