昭和34年の伊勢湾台風

災害年月日
1959年09月26日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和34年(1959)9月26日、伊勢湾台風が来襲し、死者・行方不明者は全国で5,098人に達した。高知県は台風進路の西側だったので、被害は少なかった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大月町史編纂委員会編「大月町史」(大月町、1995年)、1336頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
伊勢湾台風 死者
NO.
高知2982

よく似た災害

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日、伊勢湾台風が室戸岬南方海上から、18時過ぎに和歌山県南東部に上陸し、北北東進した。本県は経路の西に位置し、雨量は少な... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日、台風15号(伊勢湾台風)が室戸岬南方海上をへて18時過ぎに和歌山県南部に上陸し、北北東進した。伊勢湾をはじめ各地で被... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日、伊勢湾台風が潮岬の西から紀伊半島に上陸し、中部地方を横断した。小松島市の高潮は74cmに達した。 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が佐賀町付近から上陸した。、高岡郡以東の被害は大きく、県下で死者・行方不明13人、建物破損18,760戸、... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日、台風15号(伊勢湾台風)による洪水のため、桑野川の大原で最大流量約430立米/秒に達した。 続きを読む