天武天皇13年の地震

災害年月日
0684年10月00日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
地震・津波  
概要
白鳳13年(684)10月、大地震。日本書紀によると、「伊予温泉、没而出でず。土佐国田苑五十万頃、没為海」。陥没した地域がどこかは伝説が分かれて定説はないが、幡多地区でも入野沖など伝説地は多い。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中村市史編纂委員会編「中村市史 続編」(中村市、1984年)、293頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
白鳳地震 日本書紀
NO.
高知214

よく似た災害

天武13年の地震

天武天皇13年(684)10月、大地震が起こった。九州、四国で非常に大きな被害を受け、1,500町歩の土地が海に沈んだとも言われ、津波や地殻変動で一千... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、南海道沖大震(M8.4)。日本書紀によると、「山崩、河濡、諸国郡官舎、及び百姓倉屋、寺塔、神社、破壊之数、不可勝数」... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、土佐を中心とした大地震で、田地50余万代(1,147町歩)が海中に没したと言われている、幡多郡の陸続きの黒田郡が海底... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、土佐沖大地震。(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという記録はない。) 続きを読む

天武13年の地震

天武13年(684)10月14日、地震。本県の記録はないが、地震及び津波被害のあったことは、下記から分かる。「理科年表」には「南海道沖地震、民家多く倒... 続きを読む