慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日夜、地震、大津波が襲来。幡多では資料未見である。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中村市史編纂委員会編「中村市史 続編」(中村市、1984年)、293頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
慶長地震 津波
NO.
高知215

よく似た災害

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震、津波が起こった。「南路志」によると、「暁印の置文」では16日夜、大地震が起こり、大津波が押し寄せ、崎浜では50... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、東海、南海、西海の諸道で大地震と大津波があり、死者5,000人になったという。佐喜浜では10丈(約30m)もある大波... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月、大地震があり、夜半に大津波が起こって、田野平野は一面に海水が入り、潰家や死者も相当あったようである。 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震が発生した。土佐国では、崎浜で50人溺死、西寺、東寺の麓では400人、甲浦では350人溺死と、谷陵記に記録され... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震が発生し、阿波国は大きな被害を受けた。特に海部郡の被害は甚大であった。「鞆浦大岩の碑文」には、高さ10丈の津波が... 続きを読む