文化9年の地震

災害年月日
1812年04月21日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
地震・津波  
概要
文化9年(1812)3月10日午後10時頃、地震が起こった。幡多や中村では格別に強かった。翌日までに11度余震が起こり、その後も度々地震は発生した。(「高知県災害史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中村市史編纂委員会編「中村市史 続編」(中村市、1984年)、299頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
文化地震 高知県災害史
NO.
高知217

よく似た災害

文化9年の地震

文化9年(1812)3月10日戌上刻(20時)、地震甚だしく、未曾有のことであった。幡多や中村では御城下よりも格別に強かった。翌日までに11度余震が起... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日に大地震が起こった。「高松藩記」には、人家の倒壊3,000余戸、人々は草舎をつくって十数日寝床としたなどと記されて... 続きを読む

文化9年の地震

文化9年(1812)3月10日夜6ツ半時、伊予灘東部でM6.9の地震が発生した。「松山史要」によれば、3月10日より15日まで地震が起こり、損害が多か... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震により五剣山の一峰が崩れた。民家の倒壊が多く、その後もたびたび小地震が起こり、潮汐が常より数尺も高く寄せてきたた... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日、5日に地震が発生し、その後翌年1月まで余震が続いた。野根浦大庄屋安岡家に伝わる「嘉永七年十一月四日寅大変日記覚」には、... 続きを読む