昭和13年の地震

災害年月日
1938年01月12日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和13年(1938)1月12日0時12分、和歌山県田辺湾で浅い地震が起こった。有感範囲は中部以西で、高知の震度は4であった。「「渡川改修四十年史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中村市史編纂委員会編「中村市史 続編」(中村市、1984年)、307頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 渡川改修四十年史
NO.
高知221

よく似た災害

昭和19年の東南海地震

昭和19年(1944)12月7日、東南海沖地震。有感範囲は関東、北陸から中国東半、四国に及び、高知の震度は4であった。震動が長く、人々は戸外へ飛び出し... 続きを読む

昭和39年の地震

昭和39年(1964)11月9日2時56分頃、高知県中部山地で震度3の地震発生。深さ20km。(「渡川改修四十年史」による) 続きを読む

昭和36年の日向灘地震

昭和36年(1961)2月27日3時11分頃、日向灘を震源とする強震あり。高知・清水の震度は3で、清水では最大波高1mの津波を観測した。被害なし。(「... 続きを読む

昭和26年の台風11号

昭和26年(1951)8月17日~22日、台風11号。(「渡川改修四十年史」による) 続きを読む

明治15年の地震

明治15年(1882)6月24日11時2分、地震が発生した。壁にひびが入り、石燈が倒れる。(「渡川改修四十年史」による) 続きを読む