大正9年8月の台風

災害年月日
1920年08月15日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
大正9年(1920)8月15日の台風は、雨量604ミリ、風速11.7m/秒であった。驚異的な雨のため水害がひどく、高知市を含んで香美郡、長岡郡等には溺死者が多かった。(高知新聞による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
丹紫海漁郎「土佐風水害史」(土佐史談会編「土佐史談 第49号」土佐史談会、1934年)、72頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 水害 溺死
NO.
高知3086

よく似た災害

昭和32年の大火

昭和32年(1957)11月29日、香美郡大栃の中心街で大火、21戸が全半焼、損害約4,000万円。(高知新聞による) 続きを読む

大正9年7月の台風

大正9年(1920)7月24日の台風は、風速16.7m/秒、雨量280ミリであった。(高知新聞による) 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月14日の台風は、風速12.9m/秒、雨量51ミリであった。(高知新聞による) 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)8月25日の台風は、風速13.6m/秒、雨量76ミリであった。(高知新聞による) 続きを読む

大正7年8月7日の台風

大正7年(1918)8月7日~8日の台風は、風速11.4m/秒、雨量200ミリであった。(高知新聞による) 続きを読む