昭和45年の台風10号

災害年月日
1970年08月21日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
昭和45年(1970)8月21日、台風10号により、四万十川では護岸、根固が被災した。被害は浸水面積619.6ha、全壊・流出1棟、半壊・床上浸水133棟、床下浸水327に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
宮内英樹「四万十川の洪水と治水」(土佐史談会「土佐史談第224号」、2003年)、88頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 四万十川
NO.
高知3124

よく似た災害

昭和40年の台風23号

昭和40年(1965)9月10日、台風23号により、四万十川では護岸、根固が被災した。被害は浸水面積64ha、全壊・流出8棟、半壊・床上浸水82棟、床... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号により、具同の水位は18時に8m24cmとなった。河川護岸の決壊、根固の流失を生じた。一般被害は浸水面積6... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、台風18号(第二室戸台風)により、那賀川(古庄)のピーク流量は6,214立米/秒に達した。那賀川水系の被害は浸水面積... 続きを読む

昭和54年の台風16号

昭和54年(1979)9月30日、台風16号により、那賀川(古庄)のピーク流量は6,037立米/秒に達した。那賀川水系の被害は浸水面積196ha、全壊... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月16日、台風5号により、四万十川では法面崩壊、洗堀、中筋川では堤防溢水による破堤が起こった。被害は浸水面積4,159.6ha... 続きを読む