仁和3年の地震

災害年月日
0887年08月22日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
地震・津波  
概要
仁和3年(887)7月30日、潮岬の南西方沖合で大地震が起こった。地震規模は白鳳の大地震に匹敵する激震であったが、土佐に関する記録や口碑はない。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土佐清水市史編纂委員会編「土佐清水市史 下巻」(土佐清水市、1980年)、677-678頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
仁和地震
NO.
高知229

よく似た災害

仁和3年の地震

仁和3年(887)、大地震が起こった。白鳳時代以上の大地震であったが、土佐に関する記録はなく、口碑も伝えられていない。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)、地震。仁和の大地震と呼ばれ、白鳳の大地震に劣らない激震だったと伝えられている。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日16時頃、M8.6の地震が発生した。この地震は、京都付近の寺社家屋の被害状況から、南海地震の中で最大の地震と推定され、宝永... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日16時頃、M8.6の地震が発生した。この地震は、京都付近の寺社家屋の被害状況から、南海地震の中で最大の地震と推定され、宝永... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、紀伊半島沖を震源とするM8.6の大地震により、京都で官庁、寺院が多数倒壊し、多くの圧死者を出した。また、大津波が四国、紀... 続きを読む