慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
高知県室戸市
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、地震が発生した。津波により崎の浜(佐喜浜)で500人流死し、西寺、東寺の麓の浦々でも400人余、甲浦では350人、宍喰では3,806人死んだ。野根浦には津波が入らなかった。伝え聞くところによると、東をうけ南向きの国はみな津波が入り、北をうけたる国は地震ばかりで津波が入らなかった。(「暁印置文」による)
地理院地図
Googleマップ
備考
「暁印の置文」は崎之浜談議所に滞在していた客僧の阿闍梨暁印による見聞記録である。崎之浜談義所は現在の佐喜浜の大日寺である。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土佐清水市史編纂委員会編「土佐清水市史 下巻」(土佐清水市、1980年)、679頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
慶長地震 津波 死者 暁印置文
NO.
高知230

よく似た災害

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、南海道沖大震。暁印置文には「16日の夜頓に地震す、其夜半ばかり四海波す、大潮入りて国々浦々破損滅亡す、崎の浜老若男女... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震が起こり、その夜半津波が起こった。甲浦では死者350余人、野根には潮が入らなかった。佐喜浜では死者50余人、岬... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震、津波が起こった。「南路志」によると、「暁印の置文」では16日夜、大地震が起こり、大津波が押し寄せ、崎浜では50... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震があり、夜半津波が起こったが、羽根には潮は入らなかった。 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震が起こった。佐喜浜の談義所(今の大日寺)にいた僧侶暁印は、この時の見聞記録を残している。この「暁印の置文」による... 続きを読む