慶長9年の南海地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
高知県梼原町
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、南海道大震(M7.9)。「僧暁印置文」及び山内家「豊公紀」に被害記録詳細。梼原町史には天災怨恨節、茶堂由来がある。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
二宮清「津野山地域災害異常略年譜~梼原の災異記録を中心にして~」(梼原史談会編「梼原史談 第15号」梼原史談会、1993年)、6頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
慶長南海地震 暁印置文 豊公紀 梼原町史
NO.
高知3168

よく似た災害

慶長9年の南海地震

image

慶長9年(1604)12月16日、南海地震が発生した。この冊子には、慶長南海地震に関する石碑等として、海陽町浅川の天神社「折損鳥居」、鞆浦の大岩「慶長... 続きを読む

慶長元年の地震

慶長元年(1596)、地震が発生し、畿内地方で被害が大きく大阪城の石垣の一部が崩れたという記録があるが、讃岐には明確な記録が残っていないので分からない... 続きを読む

寛永4年の地震

寛永4年(1627)10月4日、地震。(「梼原町史」、「高知県史」による) 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震があった。当時は山内一豊が入国して間もない頃で記録が備わらず、後年谷泰山、奥宮正明などの筆記によるものがあるに... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海大地震により、高知城下の地盤の沈下量は1.2mに及んだ。地震の10日後にはおよそ沈下量の12分の1程度が回復、3ヶ月後には... 続きを読む