宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日午の上刻、大地震が起こり、間もなく津波が来襲した。沿岸の低地の建物はほとんど全てが流亡し、人畜の死傷が多数に及び、土佐全州では家屋の流失11,095軒、死者1,844人の被害となった。下川口村の被害状況は不明であるが、例えば下川口浦には、役場の官吏が高所に登って海面を見張り、狼狽する農民に向かって絶えず津波来襲の猶予の有無を警告し避難上の利便を与えたが、自分は打ち来る波浪のために足場とともに荒い去られて溺死したという口碑が残されている。
地理院地図
Googleマップ
備考
下川口浦の春日神社の鳥居付近には宝永地震に関する碑が建立されている。
参考画像

参考文献
田村非水編「下川口村誌 復刻版」(下川口村誌復刻委員会、1985年)、81-86頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 死者
NO.
高知235

よく似た災害

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が起き、津波が襲来した。この論文では、宝永地震・津波に関する碑等として、宝永津浪溺死之塚、須崎八幡宮木札、大善寺境... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が起き、津波が襲来した。この論文では、宝永地震・津波に関する碑等として、宝永津浪溺死之塚、須崎八幡宮木札、大善寺境... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日未刻(午後2時)、大地震が起こり、その後津波が襲来した。浅川の観音庵前の「宝永ノ津波」碑には、高さ3丈余(約9m)の津波... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日未の上刻(14時頃)、猛烈な地震が起こった。亥の大変と言われている。地震後に大津波が来襲し、土佐の沿岸は大惨状を呈したと... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が起こった。鞆浦北町の宝永地震津波の大岩碑には丈余(約3m)の津波が3回来襲したが、地震後に津波が来るという言い伝... 続きを読む