慶応2年の風雨

災害年月日
1866年09月15日
市町村
高知県梼原町
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月7日、風雨激しく、不作となった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
二宮清「津野山地域災害異常略年譜~梼原の災異記録を中心にして~」(梼原史談会編「梼原史談 第15号」梼原史談会、1993年)、17頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
風雨
NO.
高知3232

よく似た災害

慶応2年の風雨

慶応2年(1866)8月7日、大雨、波高し。風も激しくて海辺は潮入る。稲大損して凶作となる。 続きを読む

慶応2年9月の洪水

慶応2年(1866)9月15日、10日、甚雨、風雨激しく、キビ、稲大損傷凶作。(「中村町風水害史」による) ※月日は新暦 続きを読む

慶応2年8月の風雨

慶応2年(1866)8月7日、雨風激しく、稲損害、凶作。 続きを読む

慶応元年の長雨

慶応元年(1865)春、松山だけでなく瀬戸内海全域に長雨が続き、麦作が不作となった。 続きを読む

慶応2年8月の大雨

慶応2年(1866)8月7日、甚雨、西風激しく、黍稲大損傷、凶作。 続きを読む