昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
高知県梼原町
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月21日5時、室戸台風が奈半利町に上陸した。5時10分に室戸で観測した最低気圧(海面)684.0ミリは陸上の値として空前のもので、瞬間最大風速は60m、平均風速45mという記録的なもので、3府38県に大災害をもたらした。越知面の降雨量は300ミリ、新田は321ミリ。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
二宮清「津野山地域災害異常略年譜~梼原の災異記録を中心にして~」(梼原史談会編「梼原史談 第15号」梼原史談会、1993年)、23頁及び53-54頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
室戸台風
NO.
高知3269

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日の室戸台風は、被災人員11,159人で風速60mという大規模なものであった。 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風は徳島市で中心気圧942.1ミリバール、風速毎秒36.7mを記録し、大津村から鳴門村にかけて時速20kmの早さ... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風が室戸岬に上陸し、海岸沿いに北東進した。仁淀川では大洪水となった。雨量は長者で734ミリ、池川で665ミ... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前5時、台風が室戸岬の西に上陸した。その時の気圧は684.0ミリ、風速は20分平均45m/秒、瞬間風速は60m/秒以上... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、台風が室戸岬端部近くを通芦、室戸測候所で平均風速45.0m/秒を記録した。この論文では、室戸岬付近の海岸における防風林... 続きを読む