安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
高知県宿毛市
災害種類
地震・津波  火災  
概要
嘉永7年(1854)11月5日、大地震が起こった。寅の大変と言われる。「甲寅大地震御手許日記」によると、夕方地震が起こった後も、日没までに2回、夜中に7、8回も地震があり、宿毛の町の家は大半がつぶれ、その上火災が発生して、大変な騒動になった。その後、津波が押し寄せ、宿毛の町の中にまで潮が来たが、津波の被害は大したことはなかった。一方、人々が津波に備えて山上に逃げ上がっていたため、火勢は盛んになり、本町、真丁、牛の瀬、沖須賀、仲須賀等ノ大半は焼失した。
地理院地図
Googleマップ
備考
大島のはいたか神社の石段には、宝永地震と安政地震の時の津波高を示す碑が建っている。(はいたかは偏が西と早、造りが鳥)
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宿毛市史編纂委員会編「宿毛市史」(宿毛市教育委員会、1977年)、502-507頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政南海地震 甲寅大地震御手許日記 津波 火災
NO.
高知242

よく似た災害

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後4時、大地震が起こった。この日はすこぶる穏やかな無風の日で、3日前から海潮に変化が起こって毎日スズ波が続いていたがこ... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震が起こった。火災により中ノ丁のほとんど全部と本町、上町、京町、新町の一部で89戸が被害を受けた。「中村魚市場記... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)の南海地震で、地震後に火災が発生したが、津波を心配してみな山に逃げたため宿毛の町が焼けた。(「宿毛市史」による)地震後には火の始末... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、M8.4の南海地震が起こった。津波の規模は宝永大地震をやや下回る程度であり、その被害は死者372人(男98人、女276... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日、大地震が起こった。「甲寅大地震御手許日記」によると、津波が総曲輪の八反の大堤を押通って1丈の高さで水田内に入り、兜ばな... 続きを読む