昭和18年7月の台風

災害年月日
1943年07月24日
市町村
高知県梼原町
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月21日~24日、台風により、梼原の降雨量は894ミリ。降雨量は最多地の東津野で1,300ミリに達した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
二宮清「津野山地域災害異常略年譜~梼原の災異記録を中心にして~」(梼原史談会編「梼原史談 第15号」梼原史談会、1993年)、24頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風
NO.
高知3279

よく似た災害

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月24日、台風が豊後水道を北上した。雨は20日からかなり激しく降り始め、台風通過後ようやくおさまったが、31日まで続いた。この... 続きを読む

昭和32年の台風7号

昭和32年(1957)8月20日、台風7号により、特に渡川・仁淀川上流域で大雨が集中した。東津野では総雨量900ミリで、仁淀川は20日に警戒水位を突破... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、台風が鹿児島県枕崎に上陸し、米子に抜けた。16日~17日の雨量は最多の東津野で680ミリ、梼原406ミリ、大正435... 続きを読む

昭和35年の台風16号

昭和35年(1960)8月29日14時頃、台風16号が土佐市宇佐付近に上陸し、北進した。宇佐港では平常より水位が2m高くなり、堤防が決壊した。28~2... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月10日、台風9号により、渡川上流域の東津野で総雨量が1,034ミリに達した。8月9日21時30分頃には、中村市で渡川左岸堤が... 続きを読む