昭和21年の小筑紫の火災

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県宿毛市
災害種類
地震・津波  火災  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時20分に起きた南海道沖地震直後に、小筑紫の民家から出火した。原因は暗がりの中で避難するために火を付けたマッチの燃えかすが燃え移ったもので、小筑紫の繁華街19戸を焼失した。この時、付近の人々は津波の襲来を恐れて高いところに避難していたので、消火活動が思うようにできなかった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宿毛市史編纂委員会編「宿毛市史」(宿毛市教育委員会、1977年)、1191頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 昭和南海地震 小筑紫 津波避難
NO.
高知243

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時過ぎ、南海大地震が発生し、浦区で1人が煉瓦塀で圧した。町中の人々は、津波を恐れて山手方面に避難したが、潮位は... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、大地震が起こった。海岸地帯では津波の襲来を予期して、人々は城山や海運寺山に避難した。高さ3、4mの津... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日、徳命の徳元嘉平翁の話によると、西貞方の操芝居を見物に行っていたところ、地震が起こり、芝居の中は大混雑となった。そこから... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時頃、地震が起こり、家屋を揺り壊し、地面の所々に亀裂をつくった。人々は津波に備えて、中山や学校、善賢寺方面に避... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日午前8時、地震が起こった。翌5日5時に地震は激しくなり、家屋、土蔵はみな倒れた。この強震は半時間ばかりで微震となったが、... 続きを読む